模型(Nゲージ)の加工をしています
作品展示室撮影記頒布物リスト活動記資料室更新履歴リンクトップRSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

EF200-901改造パーツセット

登場時5
EF200-901改造パーツ(登場時)

EF200-901の特徴的な屋根と乗務員扉・ナンバープレートのセットです。
屋根と乗務員扉(左右各2個づつ)、ナンバープレートが付属し、それぞれ製品のパーツと交換して使います。

〇プロトタイプについて
登場時1
量産化改造後(左)と登場時(右)

EF200-901は量産化改造の前後で形態が異なります。
外見上の違いはパンタグラフカバーの有無です。量産化改造後の屋根パーツではパンタグラフカバーの撤去跡を再現しています。

なお実車は2016年の廃車後、日立製作所 水戸事業所で保存されていますが、搬入後に登場時の姿に復元されています。
このときに撤去されていたパンタグラフカバーも復元されていますので、この姿を再現する場合は登場時(量産化改造前)の屋根パーツを使用してください。

yane-j.jpg
EF200-901改造パーツ(量産化改造後、公式側)

yane2j.jpg
EF200-901改造パーツ(量産化改造後、非公式側)

登場時3
EF200-901改造パーツ(登場時、公式側)

登場時4
EF200-901改造パーツ(登場時、非公式側)

yane3-2j.jpg
EF200-901ドアパーツ&ナンバープレート

ドアパーツは左右があります。
ナンバープレートはFが前面用、Sが側面用です。


DSC_2274-1.jpg

屋根は前後(線路)方向に僅かに長めに作ってありますので、少しやすって取り付けてください。(といっても0コンマ数ミリの世界ですが)

登場時2
量産化改造前の姿では、屋根上カバー、パンタカバーと傾斜したラインが連続していることがわかります。さらにこの先、運転台上屋根の傾斜へとこのラインが続いているのですね。


○実車資料
901.jpg
試作機(EF200-901) 2015年02月07日撮影

量産
量産車(EF200-7) 2015年01月17日撮影

外見上の違いは
・屋根上
・乗務員扉
・ライト周りくぼみが901のほうが深い
・運転台上の屋根が量産では平らであるが、901では前方に向かって傾斜している
くらいでしょうか...


DMM.makeのクリエイターズマーケットに出品中です。
Nゲージ EF200-901改造パーツセット(ver.2.1)

2018/11/23更新
  1. 2017/01/22(日) 13:50:45|
  2. 頒布物リスト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syodendo.blog.fc2.com/tb.php/181-97304324
| <<< 新湘南電車道トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。