模型(Nゲージ)の加工をしています
作品展示室撮影記製品リスト活動記資料室更新履歴リンクトップRSS|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

嵯峨嵐山のロクロクたち

みなさんこんにちは。

先日京都方面に行ったので、嵯峨嵐山の模型ジオラマを見てきました。

20150318 394

施設の一番奥に佇むのは、まさに特急牽引機のEF66。
毎日撮り鉄に追われている貨物所属のゼロロクたちとは同型ですが、この彼らは「ゼロロク」と呼ぶよりも「ロクロク」と呼ぶのが相応しいと勝手に思っています。
なんだか「ゼロロク」と言うと、貨物機のイメージがあるのですよね。

20150318 413

20150318 439

運転台に乗ってロクロク牽引のブルトレを運転できるようでしたが、追加料金があるので私はパス。

因みにこのジオラマですが、列車が全然走って無かったのは残念でしたね。
各所に小さな運転台と賽銭箱があったので動かしたい人はそれで動かしてということなのでしょうが、常時もっと沢山の列車が周回運転していてもいいのではないでしょうか。
たしかにジオラマの作り込みは素晴らしいですが、それでは鉄道模型ではないような...

20150318 453

それでも個人的に一番素晴らしいアイデアだと思ったのが、夜空の再現です。
夜空に京都タワーのシルエットが映っているのはおかしいですが、精巧に作り込まれた街並みとの組み合わせはなかなかの見応えでした。

20150318 472

20150318 495

他にも梅小路機関区をはじめとした京都の名所などが作り込まれており、こちらも必見。

最後の事故現場ですが、こちらも芸が細かかったですね。
私も一瞬見過ごしそうになりましたが、実際に行ってどんなものか確かめてみてください!
  1. 2015/04/01(水) 12:00:00|
  2. 活動記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://syodendo.blog.fc2.com/tb.php/160-2945b19b
| <<< 新湘南電車道トップ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。